お酢の健康・ダイエット効果

ダイエット

こんにちは!
はまちょんぺです!

今日は私も取り入れている「お酢」のダイエット効果について調査していきたいと思います

お酢について

お酢といえば、すっぱさですよね!
あのすっぱさの理由は「酢酸」や「クエン酸」が含まれているからです!

そんなお酢ですが、日本に醸造技術が伝わったのは
4~5世紀頃と言われています
そんなに昔からお酢があったとは、驚きですね

お酢の効果

お酢の様々な効果を見ていきましょう‼

  • 疲労回復
    クエン酸には、体内で発生した疲労物質である「乳酸」を
    分解し新陳代謝を促進する作用があります。
    その他、ビタミンCやEの数百倍の抗酸化作用があり
    血流改善の効果も期待されます。
  • 血圧低下
    お酢に含まれています「酢酸」には、血圧を下げる効果があるとの
    報告があります。
    疲労回復の項目でも書きました血流改善効果も合わさり
    血圧が下がりやすい体質へのサポートとなるようです。
  • 食後血糖値の上昇を抑制
    炭水化物を摂取すると、吸収できるように「ブドウ糖」に分解されて
    小腸で吸収されますが、この酵素の働きを抑える効果があるため
    糖が吸収されにくくなり食後の血糖値の上昇が緩やかになります。
  • 内臓脂肪の減少
    お酢に含まれているアミノ酸が、脂肪燃焼をサポートし、内臓脂肪を減少させるという
    研究結果が出ています。
    内臓脂肪だけでなく、体重・BMI・腹囲・血中中性脂肪も減少したとの研究結果があります。

楽天

どのくらい取り入れればいいの?

お酢の最適な1日の摂取量は、15~30ml(大さじ1~2杯)が目安に、
継続して摂取していく必要があります。

注意点

お酢を生活に取り入れていく際の注意点を見ていきましょう

  1. お酢はそのまま飲まず、5~10倍以上薄めよう
    薄めずに飲むと、喉や胃を痛める可能性があります。
    必ず薄めて取り入れるようにしましょう
  2. 空腹時は控えよう
    お酢は強い酸性なので、空腹時に飲むと胃や腸を痛めることがあります
    また、唾液の分泌が促進させる働きがあるため、食欲が増進されてしまい食べ過ぎにつながることもありますので、食中・食後に飲むようにしましょう
  3. 歯みがきの時間にも気を付けよう
    お酢を飲んだ後の、口の中は酸性に傾いています。すぐに歯みがきしてしまうと
    歯を傷つけてしまい、歯の表面にあるエナメル質を溶かしてしまう恐れがあります
    摂取後30分~1時間後に歯みがきをしましょう
    気になる方は、うがいをとりいれてみましょう
  4. 飲みすぎない様にしよう
    お酢の健康効果は、1日15~30ml(大さじ1~2杯)で十分といわれています
    大量摂取しても効果が高くなるわけではないので、適量摂取していきましょう

お酢商品紹介

ミツカン 純りんご酢(500ml)【ミツカン】[りんご酢 アップルビネガー 果実酢 フルーツ酢]価格:548円
(2023/5/25 20:08時点)
感想(16件)

【先着限り!クーポン付】【送料無料】ミツカン お酢ドリンク1L(ストレートタイプ) 1本単位で選べる合計6本セット【選り取り】【sm】【co】
価格:2,628円
(2023/5/25 20:09時点)
感想(41件)

【先着限り!クーポン付】【送料無料】ミツカン お酢ドリンク500ml瓶(6倍希釈タイプ)1本単位で選べる合計6本セット【選り取り】【sm】【co】
価格:5,058円
(2023/5/25 20:10時点)
感想(43件)

まとめ

お酢には数々の健康・ダイエット効果があることが分かりました
日頃の生活に上手に取り入れていき、健康アップを目指しましょう!

楽天

コメント

タイトルとURLをコピーしました