【腸内をキレイに】もち麦の健康・ダイエット効果

ダイエット
  • ついついお米を食べ過ぎてしまう
  • 食生活を変えずに痩せたい

ダイエットをされている方にとって大きな悩みですが、
このように考えている人も多いのではないでしょうか

ご飯を炊くときに、もち麦を加えるだけで痩せやすく
健康的な食生活にすることができます

この記事では、もち麦の魅力をお伝えしたいと思います

もち麦の効果

大麦β–グルカン

一緒に食べたものの消化吸収をゆるやかにし、糖質や脂肪の吸収を抑え、
その豊富な食物繊維で腸活をサポートします
ほかにも、最初の食事だけでなく、次の食事にも影響をあたえ
血糖値の上昇を抑える効果
があり
これはセカンドミール効果とよばれています
さらに、がん細胞を撃退しているのはNK(ナチュラルキラー)細胞ですが
そのNK細胞を活性化させることで免疫力を高めていきます

便秘解消効果

もち麦は、モチモチとした独特の食感のあるもち性の大麦です
大麦のなかでも特に食物繊維がおおく含まれており、
2種類の食物繊維を豊富に、バランスよく含んでいるので腸活には重要な食材となっています
100gあたりの食物繊維が約13gであり、これはゴボウの約2倍、玄米の約4倍、白米の約25倍
の食物繊維量を誇ります

玄米の記事はこちらからどうぞ

不溶性食物繊維

  • 便のかさを増やす効果
  • 大腸の運動を促す効果
  • 便通を正常にする

水溶性食物繊維

  • 便を柔らかくする効果
  • 便通を正常にする

気になるカロリー・糖質は?

カロリー

もち麦のお茶碗1杯ぶんのカロリーは、198kcalです
ちなみに、白米のお茶碗1杯ぶんのカロリーは234kcalとなっています

糖質

もち麦の100gあたりの糖質量が約65gであり、
白米の糖質量は100gあたり約75gです

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます

もち麦には、豊富な食物繊維にくわえ大麦β–グルカンが含まれており糖質や脂肪の吸収をおさえ
次の食事の血糖値をおさえるセカンドミール効果があります

いつものご飯にプラスしてみてはどうでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました